スケボーしている少年

運動の効果を知り運動習慣を身に付ける

運動には様々な効果があります。

代謝を促進して血流を良くする効果、基礎代謝量をアップさせる効果、筋力をアップさせる効果、リフレッシュ効果、体を温めたり発汗を促す効果、コレステロールや中性脂肪の数値や血圧や血糖値を下げる効果、便秘解消効果、ダイエット効果などです。

代謝が促進して血流が良くなれば、肩こりやむくみや体の冷えなどの改善や予防につながり、めぐりのよい体をつくることができます。

むくみは血液やリンパ液の流れが悪くなることで細胞の隙間に水分や老廃物が溜まってしまっている状態です。

重力の関係で下半身に水分や老廃物が溜まりやすくなります。

それを上手く循環させてむくみを解消させる働きがあるのが筋肉です。

下半身のむくみは、ふくらはぎの筋肉量をアップさせることで改善させることができますので、ウォーキングやつま先立ちなどのエクササイズをするのが効果的です。

肩こりは、血行不良により筋肉が緊張状態に陥ってしまうことで起こります。

長時間同じ姿勢をとっていたりすることも原因となりますので、こまめにストレッチをして筋肉の緊張をほぐすことが大切です。

運動により筋肉量が増加すると、それに伴い基礎代謝量も上がり消費カロリーをアップさせることができます。

ですので、効率的にダイエットをすることができ肥満による生活習慣病の予防にもつながります。

効率的に基礎代謝量を上げるためには、体の中でも比較的大きい筋肉である腹筋や背筋や下半身の筋肉を中心に鍛えるのが効果的です。

さらに、運動にはリフレッシュ効果が期待できるので、ストレスの解消や自律神経の乱れを整えることにも役立ちます。

運動と同時に重要になるのが食生活です。

筋肉量を増やすためには筋肉の材料となるタンパク質の摂取が必要不可欠です。

肉類や魚介類や乳製品や大豆製品や卵などをバランスよく食事に取り入れましょう。

タンパク質の吸収を高めるためにはビタミンやミネラルの摂取も必要になりますので、野菜や果物を積極的に食べて補うことが大切です。

運動習慣と食生活で健康で美しい体づくりに努めていきましょう。